応援しています!

  • TVアニメ『ゆるゆり』
    TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
  • 白衣性恋愛症候群RE:Therapy
    工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』

Twitter

  • Twitter
フォト

利用サービス

Flickr Goodreads Last.fm Twitter YouTube
無料ブログはココログ

« マーベル・ユニバースなう ~ヒロイック・エイジ編~ | トップページ | マーベル・ユニバースなう ~シャドーランド(デアデビル)編~ »

2010-08-20

マーベル・ユニバースなう ~サノス・インペラティブ編~

 ここ数年のマーベルは地球と宇宙をはっきり分けてイベントを行っています。キャラ辞典で紹介されていた「アニヒレーション」と「アニヒレーション・コンクエスト」、そしてこれから紹介する「ウォー・オブ・キングス」と「サノス・インペラティブ」にはほとんど地球上のヒーローは出てきません。だから色んなタイトルに手を伸ばさないで済むという利点があると同時に割とマイナー系に属するマーベルのコズミック系キャラがばんばん出てきて活躍するのでその部分でついて行けないという可能性もあります(そのためのキャラ辞典だけどね)。ただ「サノス・インペラティブ」は『マーヴルクロス』読者なら懐かしいキャラがかなり出てくるので入りやすいかもとは思う。

 というわけで現在進行形で開催中のイベント「サノス・インペラティブ」とそこまでの流れを単行本紹介を含めて簡単に紹介していきます。

★ウォー・オブ・キングス

 種族防衛のための力を得ようとクリー帝国を併合したインヒューマンズと狂気の皇帝・サマーズ家三男バルカンが恐怖政治で支配するシーアー帝国。2つの帝国はロナンとクリスタルの結婚式をインペリアル・ガードが急襲したことを切っ掛けに全面戦争に陥る。戦いはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーやハボック率いるスタージャマーズ、新生ノバ・コーズをも巻き込み、リランドラの暗殺という悲劇をもたらしながら最終的にはブラックボルトとバルカンの2人の王が直接対決をして行方不明になるという結果に終わる。

 本編。取りあえずこれだけ読んでおけばOK。

 War of Kings: Road to War of Kings。前日談。皇帝バルカンに反逆して抵抗運動を続けるハボック率いるスタージャマーズの戦いとバルカンに侵攻の口実を与えることになるインヒューマンズのスクラル残党狩り(これに巻き込まれてシーアー帝国の戦艦が撃沈している)の話を収録。

  Guardians Of Galaxyの「ウォー・オブ・キングス」タイイン編。ここでガーディアンズの面々が危惧し回避しようと奔走したことが「ウォー・オブ・キングス」のラストで現実の物となりそのまま「サノス・インペラティブ」へと繋がっていくことになります。

  Nova (Vol.4)の「ウォー・オブ・キングス」タイイン編。一時的に力を剥奪されたノバがクォンタム・バンドの力を借りてクエーサーになったり、新生ノバ・コーズがインペリアル・ガードに虐殺されたりといった話。

  War of Kings: Warriors。グラディエーターの過去やクリー人とインヒューマンズの間にあるわだかまりを解消しようと頑張るクリスタルなどの「ウォー・オブ・キングス」の主要キャラたちを描いた表題作の他に、リランドラ暗殺に深く関わることになるダークホークというキャラが主役のWar of Kings: DarkhawkWar of Kings: Ascensionやインペリアル・ガードとインヒューマンズが戦いの中でハルクの息子スカーと出会うWar of Kings: Savage Sword of Skaarが収録されている単行本。

★レルム・オブ・キングス

 二人の王の最終対決の結果生じた次元の割れ目フォルトへの対処を中心に関わった人物達のその後を描く「ウォー・オブ・キングス」の後日談。


(前者がHC、後者がTPB)

 フォルトへ探索に出かけたクエーサーが別次元の邪悪なアベンジャーズと出会うRealm of Kings、ブラックボルトの跡を継いでクリー帝国の女王になったメデューサが帝国の支配者としての力を維持しようと腐心するRealm of Kings: Inhumans、インペリアル・ガード&スタージャマーズ選抜調査隊がフォルトへ赴くRealm of Kings: Imperial Guard、ハルクの息子と目されるヒロ・カラがマイクロバースへ行くRealm of Kings: Son of Hulk が収録された単行本。

 Guardians Of Galaxy最終巻。今までの戦いで力を使いすぎて悪のペルソナ、メイガスを発動させてしまったアダム・ウォーロックにチームの半数が瞬殺される。31世紀から戻ってきたスターロードがコズミックキューブを使いなんとかメイガスを倒しチームメイトを復活させるものの今度はサノスが復活……そのまま「サノス・インペラティブ」へと突入する。

 Nova (Vol.4)最終巻。「ウォー・オブ・キングス」で銀河のお尋ね者となったダークホークとの共闘、フォルトでの戦いなど。

★サノス・インペラティブ

 宇宙の割れ目フォルトはキャンサーバースと呼ばれる生が死を駆逐した世界と繋がっていた。突如フォルトから現れたロード・マー=ベルに率いられた軍勢はこの世界の死も排除しようと侵攻を始める。その圧倒的な数と強さの前にヒーロー達だけでなくサノスやギャラクタス、セレスティアルズなども参戦する総力戦へと突入していく……

 現時点では折り返しの#3が出たところで、ネイモリータやメジャー・ビクトリーが敵に捕まっていたり、切り札の一つであるサノスをドラックスが殺そうとしたり、敵の本拠地に突撃する精鋭チーム(メンバーはノバ、クエーサー、シルバーサーファー、グラディエーター、ベータ・レイ・ビル、ロナン)が結成されたりとかなり先が気になる展開になってます。マーベルのコズミック系キャラが気になる人はこれ読んでおいて損はないと思いますよ(この先のコズミック系の展開に影響を与えるのは間違いないですしね。なによりミニシリーズ一本だけで終わる手軽さもあるし)。

« マーベル・ユニバースなう ~ヒロイック・エイジ編~ | トップページ | マーベル・ユニバースなう ~シャドーランド(デアデビル)編~ »

アメコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーベル・ユニバースなう ~サノス・インペラティブ編~:

« マーベル・ユニバースなう ~ヒロイック・エイジ編~ | トップページ | マーベル・ユニバースなう ~シャドーランド(デアデビル)編~ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アフィリエイト

いらっしゃ~い