応援しています!

  • TVアニメ『ゆるゆり』
    TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
  • 白衣性恋愛症候群RE:Therapy
    工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』

Twitter

  • Twitter
フォト

利用サービス

Flickr Goodreads Last.fm Twitter YouTube
無料ブログはココログ

« マーベル・ユニバースなう ~アベンジャーズ編~ | トップページ | マーベル・ユニバースなう ~アイアンマン編~ »

2010-08-22

マーベル・ユニバースなう ~キャプテン・アメリカ編~

 キャプテン・アメリカはここ数年の間にスティーブ・ロジャースの死と復活、バッキー・バーンズのキャプテン・アメリカ就任と立て続けに大イベントが発生するいう大激動の時期だったわけですがその分今一シリーズに飛び込みにくい感じになってるかもしれません。

 とりあえず現行Captain America誌の魅力は殺し屋として活動していたバッキーがスティーブの死を切っ掛けにキャップの名前を継いで、ヒーローとしては新米も良いところなのにマーベル・ユニバースでのアメリカの象徴の一つとしてなんとか頑張っている所にあるのでその辺の単行本を紹介していきます。

 スティーブの死とバッキーのキャップ就任、そしてその背後にうごめくレッド・スカルの影。慣れないヒーロ活動をファルコンやブラックウィドウの助けを借りながらなんとかこなし、少しずつ世間からも新キャップとして認められるようになる。

 新キャップとして活動するバッキーの前に立ちはだかるウィンターソルジャーとしての過去。ネイモアとも共闘。

 スティーブの復活とレッド・スカルとの最終決戦。

 50年代に登場した反共主義キャプテン・アメリカとの最終決戦(バッキーはウィンターソルジャー時代に彼の相棒を殺した過去がある)。あとスティーブからバッキーへ公式にキャップの名前を委託する話も収録。

 バロン・ジモVSバッキーキャップ。ちなみに現ジモはスティーブが氷漬けになりバッキーがソ連に捕まる原因となる爆弾飛行機を奪おうとしたジモの息子。

 そして10月からはついにウィンターソルジャーとしての過去がバッキーを追い詰める「トライアル・オブ・キャプテン・アメリカ」がスタート。リーフで原書世界に飛び込むならこの辺が良いタイミングかも。

 スティーブに関しては現状ではSecret Avengersがメインの活動の場になるっぽい。

 最後に現行シリーズとは全く無関係にはなるけど個人的にお気に入りの読み切りシリーズの紹介を。

 キャプテン・アメリカを通して戦争を描く読み切りシリーズCaptain America: Theater Of War。上記の単行本は7作あるシリーズ作品のうちポール・ジェンキンスがライターを務めた4作品をを集めたもの。いつだってそこにはキャプテン・アメリカの精神が宿っていたんだと独立戦争から始まるアメリカの戦争史を振り返る話をはじめとして 一風変わったキャップの話が読める本です。収録されていない他のライターの話も50年代反共キャップの話や第二次世界大戦を舞台にナチスのUFO部隊と戦った話、大脱走ばりの脱獄をする話だったりとなかなか面白い感じなので(後者2つは最後がちょっとビターな感じになるのもいい)どこかでリーフを見かけたら買ってみるといいんじゃないでしょうか。やはり日本人の戦争観・軍隊観と大分違うところもあるのでその辺過敏な人にはあまりお勧めできませんが。

« マーベル・ユニバースなう ~アベンジャーズ編~ | トップページ | マーベル・ユニバースなう ~アイアンマン編~ »

アメコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーベル・ユニバースなう ~キャプテン・アメリカ編~:

« マーベル・ユニバースなう ~アベンジャーズ編~ | トップページ | マーベル・ユニバースなう ~アイアンマン編~ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アフィリエイト

いらっしゃ~い