応援しています!

  • TVアニメ『ゆるゆり』
    TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
  • 白衣性恋愛症候群RE:Therapy
    工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』

Twitter

  • Twitter
フォト

利用サービス

Flickr Goodreads Last.fm Twitter YouTube
無料ブログはココログ

« 今日の買い物 | トップページ | 2010年12月のマーベル新刊 »

2010-10-11

『けいおん! 放課後ライブ!!』 (PSP/2010年/セガ)

 とりあえず、ある程度やり進めるまで気付かなかったけれどもこれはアニメ『けいおん!』のゲームであってアニメ『けいおん!!』のゲームじゃないのね……

 ゲーム的には音ゲー(リズムゲー)? でいいのかしら。よく考えたら音ゲーなんて中古で投げ売られていたPS2の『スペースヴィーナス』くらいしか持ってないので純粋な音ゲーをやるのはこれが初めてだ。

 何と言ってもこのゲームの最大の売りは「アニメ『けいおん!』の歌唱楽曲の魅力を再発見出来ること」!

 収録曲はHTTの劇中歌の他にアニメ『けいおん!』のOP・ED(シングルでのカップリング込み)、HTTメンバーのキャラソンシングル(全曲)の全19曲。アニメしか見てない人にとって半分以上が知らない曲という豪気なラインナップ。特にキャラソンなんてファンアイテムで、買う人も限られてるわ、買っても聞き込まない人が少なくない、はず(かく言う私も一期のキャラソンは唯と澪を買ってパソコンに取り込んだものの一回聞いてぴんと来ず購入止めちゃった)。

 だがしかし。ゲームの性質上同じ曲を何度も聴くことになるので自然と耳が曲を覚えていくし、リズムを取りながら指でボタンを連打するから身体もメロディを覚えていくのですよ。そうするとどの曲にも一つはここが好きという部分が見つかるんです。好きなところが見つかればそこを聴くために通しでも聴けるようになるわけで、結果CDで聴いても曲全体が好きになっていく。

 勿論ただ繰り返し聴くだけでみんな好きになるわけではなく、そこは元々『けいおん!』の歌唱楽曲の曲の出来の良さがあったから。OP/EDのキャッチーさは言うに及ばず、HTT名義の劇中歌は澪の作詞と言うところをきちんと踏まえて作られているし、担当楽器と自身のキャラクターをモチーフにしたHTTメンバーのキャラソン2曲はそれぞれ彼女たちのパーソナリティをきちんと反映して作られてるわけです。

 澪の唄う「ふでペン ~ボールペン~」は作詞家としての澪の決意表明ソングだし、「Hello Little Girl」は律へラブソング、「Girly Storm 疾走 Stick」はドラマー律の矜持を、「Sunday Siesta」は唯のふにゃっとした感じを、「私は私の道を行く」は後輩あずにゃんを良く現していて、そりゃあもう「『けいおん!』大好き!」な我々にとっちゃあもう噛めば噛むほど旨味が出てくるするめみたいな曲たちな訳ですよ。

 そして琴吹紬のキャラソンCDですよ。前述のように私は買ってなかったんですが、そのことを激しく後悔したほどの出来。ゼロ年代を代表するキャラソンCDと言いきってしまってもいいくらい。いやほんと。キャラソンというとただ中の人が唄ってるだけだったり、歌詞がそれっぽい感じなだけだったりするものが多いわけですが、ムギのキャラソンCDは何処を切っても、おっとりぽわぽわ箱入り娘のお嬢様・でも芯は強いという琴吹紬のイメージそのままな正真正銘のキャラソンCDなのですよ! 

 第一期HTTメンバーキャラソンには「『レッツ・ゴー』」という共通曲が入ってるのですが、他のメンバーはただそれぞれの声優さんが唄ってる程度なのに対してムギバージョンは歌詞への違和感(ムギはヤバイなんて言わないだろう)という部分も含めておっとりぽわぽわ感溢れる包み込むような柔らかい歌い方(曲ラスのシャウト部分が特に象徴的)が実にムギらしい。
 ムギ自身をイメージした「Humming Bird」は軽音部に入りHTTメンバーと知り合うこと広がったムギの世界を高らかに歌い上げた曲。
 そしてムギの担当楽器キーボードをイメージした「Dear My Keys ~鍵盤の魔法~」。ムギはHTTのメロディーメーカーなんですよね。彼女の指が操る鍵盤からHTTの楽曲という魔法が生まれてるわけでまさしくこれぞムギのための曲。歌詞も凄く乙女っぽいけどムギらしい芯の強さも垣間見え、そしてHTTらしく何処までも突き抜けるようにポジティブで爽やか。これぞ『けいおん!』、これぞ琴吹紬! これの曲を聴かないなんてちょっと人生を損していますよ? そしてこんな素晴しい曲があることを気づかせてくれた『けいおん! 放課後ライブ!!』 よありがとう!

 えーっとつまり何を言いたいのかというと……

さあムギのCDをカウノデス!

……ゲーム内容はHTTメンバーから一人を選択して担当楽器のパートを演奏していくという物。五線譜の上に並ぶ指示アイコンを左から右に流れていくタイミングバーに併せて指示されたボタンで叩いていくことで楽器パートのメロディが流れていくことになる。
 連続で失敗すると画面でキャラがあたふたしたり、楽器パートが流れなくなったりする。失敗を重ねるとテンションが下がり、テンションダウン状態でさらに失敗を重ねと曲途中で終了してしまう。逆に曲クリアだけなら最後まで演奏しきればOK。
 誰でも良いので既存曲を全てクリアすることで次の曲群が解放される。スタッフロールを見るのは全曲クリア(ランク関係なし)すればOK。
 ストーリーモードは無しで、メニュー画面で登場するちびキャラに特定条件下で特定のアイテムを上げることによってイベントが発生するそれに使用するアイテムや着せ替えコスチュームは曲クリアや特定曲クリアや連続コンボ数やランクなどによって入手することが可能。

 ざっとやってみたところノーマルモードなら私のような初心者兼リズム音痴でもランクAならなんとか取れるくらいのレベル。ただタイミングバーが左から右へ流れる仕様なので右端から左端にバーが移動する時、場合によっては連続で打つことになってその辺がちょっと難しいカナって感じ。ただ楽しむだけなら全然問題ないレベルです。

« 今日の買い物 | トップページ | 2010年12月のマーベル新刊 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

百合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『けいおん! 放課後ライブ!!』 (PSP/2010年/セガ):

« 今日の買い物 | トップページ | 2010年12月のマーベル新刊 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アフィリエイト

いらっしゃ~い