応援しています!

  • TVアニメ『ゆるゆり』
    TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
  • 白衣性恋愛症候群RE:Therapy
    工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』

Twitter

  • Twitter
フォト

利用サービス

Flickr Goodreads Last.fm Twitter YouTube
無料ブログはココログ

« Black Panther: The Man Without Fearが面白くなりそうな件について | トップページ | 『ロスト プラネット バウンドレイブン』第1巻 (宮沢武史/2011年/アスキー・メディアワークス) »

2011-02-27

『任侠沈没』がまさかの実写化

 2011年2月25日午後。出先で何気なく見ていたTwitterにこんなツイートが公式RTされてきた。

http://twitter.com/#!/Shoeshock/status/41063722843643904

 この時TLに電流走る!

 なんとあのゼロ年代を代表する山口正人先生のギャグディザスターヤクザ漫画『任侠沈没』が実写化するというのだ! 急いで家に帰って調べてみると主演の田口トモロヲの事務所のサイトで公式に告知されていた。さらに他の出演者のブログを見ると去年の四月に撮影されていて六月の時点で試写会が行われていたというのだ(参照1参照2)。正直劇場公開されず撮影から一年後にDVD発売というのが作品として良い事なのか悪い事なのか私には分からない。しかし間違いなく傑作であるこの漫画が再び日の目を見る事はファンとしても嬉しい事だし、さらに最近何処でお仕事しているのかよく分からない山口正人先生がゴラクに戻ってくる切っ掛けとなればさらに嬉しい! ということで『任侠沈没』の、そして山口正人先生のファンとしてこの実写版DVDを応援していきたいと思います!

 『任侠沈没』がどういう作品なのかということは、詳しくはこの漫画の第一人者であるなめくじ長屋さんのサイトを読んでもらうとして、実写版に関して個人的にちょっと気になる事があるので今回はそっちを書いてみたい。

 まあ気になる事と言っても簡単な事で、一体今回何処まで実写化するのかということ。原作は単行本三巻で二時間でおさめるにはボリュームがありすぎ、途中で区切って続き物にするにしろ、無理矢理に時間物にまとめるにしろかなりの取捨選択が要求される。また原作は後半にいくにしたがって加速度的にスケールアップし、米軍の軍艦や北の将軍様、さらにはスペースシャトルまで搭乗し文字通り地球を飛び出し宇宙まで行ってしまうわけで、果たしてこれが実写で再現されるのかという不安もある。この辺の処理を間違えると一気にぐだぐだになってしまうからなあ。とはいえ実際にDVD買って見るまでどうなってるのかも分からない事ではあるのだけれども。

 ただ仮にその辺がダメでもOPで伝説の怒りに燃える主人公のバックに炎という漫画的な描写かと思いきや実際に火山が噴火してましたというシーンを完全再現、あるいはスタッフロールのBGMが芋橋源左衛門とレッドドラゴン(G.R.D)による赤竜流組組歌『月と任侠』だったら全てを許します。ええ、許しちゃいますとも。

« Black Panther: The Man Without Fearが面白くなりそうな件について | トップページ | 『ロスト プラネット バウンドレイブン』第1巻 (宮沢武史/2011年/アスキー・メディアワークス) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『任侠沈没』がまさかの実写化:

« Black Panther: The Man Without Fearが面白くなりそうな件について | トップページ | 『ロスト プラネット バウンドレイブン』第1巻 (宮沢武史/2011年/アスキー・メディアワークス) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アフィリエイト

いらっしゃ~い