応援しています!

  • TVアニメ『ゆるゆり』
    TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
  • 白衣性恋愛症候群RE:Therapy
    工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』

Twitter

  • Twitter
フォト

利用サービス

Flickr Goodreads Last.fm Twitter YouTube
無料ブログはココログ

« 『任侠沈没』がまさかの実写化 | トップページ | MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds発売記念マーベルキャラ紹介:イントロ »

2011-03-02

『ロスト プラネット バウンドレイブン』第1巻 (宮沢武史/2011年/アスキー・メディアワークス)

 元々はアメリカでデビューをしてマーベル・コミックスなどで仕事をしていた日系カナダ人宮沢武史(ブログ)の日本国内初単行本。ゲーム『ロスト プラネット』と『ロスト プラネット 2』を繋ぐ物語だそうで、ゲームやってない私にはちんぷんかんぷんだけどもまあそれなりには読めた。

 アメコミ時代の作品と読み比べてみるのも面白いかも。

« 『任侠沈没』がまさかの実写化 | トップページ | MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds発売記念マーベルキャラ紹介:イントロ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

アメコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『任侠沈没』がまさかの実写化 | トップページ | MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds発売記念マーベルキャラ紹介:イントロ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アフィリエイト

いらっしゃ~い