応援しています!

  • TVアニメ『ゆるゆり』
    TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
  • 白衣性恋愛症候群RE:Therapy
    工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』

Twitter

  • Twitter
フォト

利用サービス

Flickr Goodreads Last.fm Twitter YouTube
無料ブログはココログ

« Fear Itself: The Home Front #1 (2011年/Marvel Comics) | トップページ | Fear Itself: The Worthy #2 (2011年/Marvel Comics) »

2011-04-27

Fear Itself: The Worthy #1 (2011年/Marvel Comics)

制作陣
ライター: クリストス・ゲイジ
アーティスト: エリア・ボネッティ

ストーリー
 雨の中、レッド・スカルが女性から一人の女の子の赤ちゃんを渡される。しかし自分の後継者として男児が欲しかったスカルは自ら赤ちゃんを殺そうとするが、その女性 ―スーザン・スカルボによって思いとどまり赤ちゃんにシンシアという名前を与えてスカルボに育てさせることにする。

 スカルボによって身も心もスカルの後継者として育てられたシンシアはシスターズ・オブ・シンの一員としてキャプテン・アメリカと戦うようにまでなるも、敗れ捕まり政府に引き渡され更正という名の洗脳を受けることになる。さらにはその間にウィンター・ソルジャー(キャップの元相方バッキー)にスカルボを殺されてしまう。

 そんな全てを失った囚われの身のシンシアを助け出したのはスカルの右腕クロスボーンズだった。コンビを組んだ二人はやがてキャプテン・アメリカ暗殺計画を成功させる。計画はスカルがキャプテン・アメリカ(スティーブ・ロジャース)の肉体を乗っ取るために実行させた物だったが、結局肉体乗っ取り計画は失敗、復活したスティーブと新たなキャプテン・アメリカ(バッキー)によってスカルは倒されてしまう。その際の爆風に巻き込まれたシンシアは顔に酷い怪我を負い、父親と同じ様な顔になってしまう(更にクロスボーンズは逮捕され監獄行き)。

 またしてもキャプテン・アメリカによって全てを奪われたシンシアだったが、父親の跡を継ぎレッド・スカルを襲名すると、二人のキャプテン・アメリカから全てを奪い復讐しようと誓う。そのために父親のスカルを越えようと彼が扱いきれなかったハンマーの力を求めて南極へと赴くのだった。

感想
 マーベルのコミックアプリ(iPhone/iPad/iPod touch用)及びMarvel Digital Comics Unlimited、Marvel Comics on Chromeに向けて期間限定週刊無料配信されるデジタル版ミニ・シリーズ(全八話)の第1弾。今回はシンが主役。実質4ページしかない簡単なキャラクター・バイオ紹介コミックで、おそらくはそんな感じでサーペントの部下となる8人のマーベル・キャラを紹介していくのだとおもう。ちなみに全8話を一つにまとめた紙媒体のコミックが7月に出る予定。

« Fear Itself: The Home Front #1 (2011年/Marvel Comics) | トップページ | Fear Itself: The Worthy #2 (2011年/Marvel Comics) »

アメコミ」カテゴリの記事

フィア・イットセルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fear Itself: The Worthy #1 (2011年/Marvel Comics):

« Fear Itself: The Home Front #1 (2011年/Marvel Comics) | トップページ | Fear Itself: The Worthy #2 (2011年/Marvel Comics) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アフィリエイト

いらっしゃ~い