応援しています!

  • TVアニメ『ゆるゆり』
    TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
  • 白衣性恋愛症候群RE:Therapy
    工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』

Twitter

  • Twitter
フォト

利用サービス

Flickr Goodreads Last.fm Twitter YouTube
無料ブログはココログ

« Fear Itself: The Worthy #1 (2011年/Marvel Comics) | トップページ | スーパーマンと市民権 »

2011-05-04

Fear Itself: The Worthy #2 (2011年/Marvel Comics)

制作陣
ライター: ジェフ・パーカー
アーティスト: デクラン・シャルベイ

ストーリー
 ケイン・マルコ。彼は今犯罪者更正プログラムとなったルーク・ケイジ率いるサンダーボルツに所属している。
 彼の人生は常に壁に衝突し続ける人生だった。喋れるようになってすぐ父親と衝突し、やがてプロフェッサーXと呼ばれることになる義弟とも衝突した。
 世間では義弟と同じく彼をミュータントだと思っている人間が多いが実際は魔石サイトラックから得た力を使っているだけだ。
 彼はブラザーフッド・オブ・ミュータンツに所属したこともあればXメンに所属したこともある。どちらとも長く続かなかったが。
 彼の力はサイトラックの機嫌によって左右される。キャプテン・ユニバースと戦い一時的にユニパワーを継承した時には著しいパワーダウンを強いられ、その結果逮捕されラフトに収容されることになる。
 そしてケイジによってサンダーボルツに抜擢された。これも長くは続かないだろうと彼は思っている。彼は子供でもミュータントでもない。ヒーローでもヴィランでもない。自分がケイン・マルコであるかという事にも確証が持てない。しかしただ一つだけ確信しているものがある。
 彼はジャガーノートなのだ。

感想
 サーペントの部下ワージー達にスポットを当てたデジタル版ミニ・シリーズ(全八話)の第2弾。今回は早い段階からカバーでもワージーになることが披露されていたジャガーノートが主役。このミニシリーズは要するにワージーになるマーベルキャラのキャラ紹介ということみたい。

関連商品
Spider-Man: The Gauntlet - Volume 4: Juggernaut


上で言及したキャプテン・ユニバースと戦いをまとめた単行本(Amazing Spider-Man #626-629)。それにプラスして名作と名高い(らしい)「ノッシング・キャン・ストップ・ジャガーノート!」(Amazing Spider-Man #229-#230)を収録。

« Fear Itself: The Worthy #1 (2011年/Marvel Comics) | トップページ | スーパーマンと市民権 »

アメコミ」カテゴリの記事

フィア・イットセルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fear Itself: The Worthy #2 (2011年/Marvel Comics):

« Fear Itself: The Worthy #1 (2011年/Marvel Comics) | トップページ | スーパーマンと市民権 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アフィリエイト

いらっしゃ~い