応援しています!

  • TVアニメ『ゆるゆり』
    TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
  • 白衣性恋愛症候群RE:Therapy
    工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』

Twitter

  • Twitter
フォト

利用サービス

Flickr Goodreads Last.fm Twitter YouTube
無料ブログはココログ

« こんな時こそスーパーマンの出番です! | トップページ | 『屋上の百合霊さん』体験版をやってみた »

2012-02-08

ゆるゆりカフェ2~生徒会襲来、あかり最大のピンチ、けど集客の心配はノンノンノートルダム!~―秋葉原〔キュアメイドカフェ〕

 まだ〔まんがの森〕が存在していた頃、私は悪友・山下進一と共によく渋谷の街に出かけたものだった。
 当時の渋谷にはアメコミの取り扱いがあった〔まんがの森〕、その近くにあった〔まんだらけ〕、東急の中にあり漫画が充実していた〔三省堂コミックステーション〕などがあり、若者の街であると同時に、オタクの街でもあった。
 今よりも様々な人間が街に溢れ、異様なまでのエネルギーと楽しさに満ちていた。
 そのせいか、渋谷で一通り遊ぶと大抵、
「一歩も歩けぬ……」
という程に疲労困憊した。
 そんな時、私と山下は決まって西武にあるティーサロン〔アール〕へと入った。
 当時の〔アール〕は渋谷西武A館の中二階にあり、エネルギーに満ちた渋谷の街とは一線を画した落ち着きと安らぎに満ちた店であった。
 紅茶専門店であるから、紅茶とスコーンが美味いのは当たり前だが、なんといってもこの店を特徴付けるのはその従業員のメイド風制服である。
 メイド喫茶誕生以前の当時、初めてその制服を見た衝撃を、私は一生忘れることができないだろう。
 私よりメイドさんに入れ込み、学生時代に「ヴィクトリア朝時代の真実のメイドさん」という論文を発表したこともある山下も、
「どうもスカートの丈がねえ……」
などと言いながらも、満更でもない様子であった。
 この〔アール〕で美味い紅茶とスコーンをいただきながら、メイドさんが給仕する姿を眺めるのが私達にとっての渋谷詣での締めであった。
 そしてこれが私たち二人のメイド喫茶の原点だったといってよい。
 しかし、二十一世紀に入って確立した「メイド喫茶」は、この私達の原点とはかけ離れたものだ。
 山下などは、一度秋葉原のとあるメイド喫茶に入って、
「これじゃ、ただのキャバクラじゃないか……」
と絶句したほどである。
 しかし、この大変な時代、メイドさんと美味い食事だけで経営していくには、まことに難しいものがある。
 都内にある数少ない昔ながらのメイド喫茶も、今ではその姿を大きく変えている。
 その中の一つ、秋葉原にある〔キュアメイドカフェ〕は、アニメ作品とのタイアップカフェに活路を見出したようだ。
 私が久しぶりに秋葉原で買い物をした後に寄ってみると、原作が『コミック百合姫』連載中のTVアニメ『ゆるゆり』とのタイアップした、「ゆるゆりカフェ2~生徒会襲来、あかり最大のピンチ、けど集客の心配はノンノンノートルダム!~」が行われていた。
 『ゆるゆり』は私の亡師・花寺啓介がこよなく愛した作品である。
 生前の花寺師は、私が百合作品を持って訪ねていくたびに、
「君、『ゆるゆり』は読んだかね? あれには、百合に大切な要素が詰まっている」
 と言われたものだ。
 私は『ゆるゆり』の、所謂「萌えオタ」に媚びたような作品作りにどうしても馴染めずいたものだから、そう言われる度に反発を覚えた。
 ところが、近ごろ、『ゆるゆり』を読み返してみて、ようやく亡師の言葉を理解できたような想いがした。
 決定的なことは描かず、力みを抜いた少女たちの関係性を描くことで、読者の想像力を刺激し、百合的な世界観を広げる。
 この作風こそ、百合ジャンルを広げるために、必要不可欠なことであった。
 そして、それは「ゆるゆりカフェ2」にも受け継がれていた。

Rimg0180

 私が注文した「櫻子と向日葵のゆりプレート」は、その名の通り、櫻子と向日葵が互いに相手の嫌いな物を食べてあげる、という作中屈指の百合シーンを元にしたものである。
 食べながらあの百合シーンを思い浮かべるのもいいし、実際に自分たちで再現してもいい。
 これもまた『ゆるゆり』にある百合的なものを見事に再現した一品といえる。

Rimg0182

そして、デザートに頼んだ「京子がくれたラムレーズン」は味もさることながら、料理の出てくるタイミングが素晴らしかった。
 メインを食べ終わったタイミングを見計らって、メイドさんが声をかけてくる。
 これは古き好きメイド喫茶の真心と心づかいが受け継がれているからこそ、なせる業である。
 この「ゆるゆりカフェ」が期間限定で終わったのは、まことに残念なことではあるが、しかし、先日アニメ第二期制作も決定し、様々な商品展開も発表されたばかりである。
 第三弾、第四弾を期待したい。(終)

« こんな時こそスーパーマンの出番です! | トップページ | 『屋上の百合霊さん』体験版をやってみた »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

百合」カテゴリの記事

ゆるゆり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんな時こそスーパーマンの出番です! | トップページ | 『屋上の百合霊さん』体験版をやってみた »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アフィリエイト

いらっしゃ~い