応援しています!

  • TVアニメ『ゆるゆり』
    TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
  • 白衣性恋愛症候群RE:Therapy
    工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』

Twitter

  • Twitter
フォト

利用サービス

Flickr Goodreads Last.fm Twitter YouTube
無料ブログはココログ

« 百合語り #5: 年次百合作品傑作集 | トップページ | 私が中指を突き立てている物 »

2012-06-10

マーベル×モバゲーについて考えてみる

 旧い話題だけれども。

DeNAとウォルト・ディズニー・ジャパン、ワールドワイドでの事業提携に合意~ソーシャルゲーム3タイトルを4プラットフォームで展開~ - [DeNA] 株式会社ディー・エヌ・エー
ディズニーがソーシャルに本気出した。モバゲー提携で『ディズニー』『マーベル』のカードゲームを世界展開 : Kotaku JAPAN

また、2012年夏には、「マーベル カードバトル型ゲーム(タイトル未定)」を開始する予定です。

 アメコミ自体、昔からトレーディングカードやトレーディングカードゲームで展開されてきたから、こういうのとは親和性がある、と思う。問題はキャラの選別と誰が絵を描くか、というところだ。

 マーベル・コミックスには何千というキャラがいるが、マイナーどころを収録しても大部分の人には「誰お前?」状態だろうし、逆にメジャーどころに絞りすぎても「なんでムーンナイトが出ないの?」「ガチャ1万つっこんだけどマイクロチップが出ないぞ、詐欺じゃねえか」とアメコミオタからは不評を買うだろう。この辺のキャラ選別のバランスは非常に難しく、そして重要だ。

 もう一つの絵の問題に関しては、新規絵と既存絵のどちらを使うのか、新規絵なら日本人に描かせるのか向こうの新人中堅所に描かせるのか、既存絵なら有名アーティストは使われるのか、辺りが焦点だろう。個人的にはカートゥーン系新規絵で来るような気もするが。

 ともかくどうなろうとそれなりの額はつっこむ気満々だから、みんなが楽しく遊べるゲームになればいいなと思う。個人的にはSレア「デッドプール(メイド服)」を特訓させるとSレア+「レディ・デッドプール(レジェンダリー・スーパースター・コミックス・アーティスト画)」とか、Sレア「ロキ」を特訓させるとSレア+「ロキ(女体化)」とか、Sレア「ウルトロン」を特訓させるとSレア+「ウルトロン(社長と融合女体化)」とか、Sレア「マジック」を特訓させるとSレア+「イリアナ・ラスプーチン(7歳、日本の人気ロリ絵師描き下ろし)」とかやったら6桁はつっこんでも良い。

« 百合語り #5: 年次百合作品傑作集 | トップページ | 私が中指を突き立てている物 »

ゲーム」カテゴリの記事

アメコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーベル×モバゲーについて考えてみる:

« 百合語り #5: 年次百合作品傑作集 | トップページ | 私が中指を突き立てている物 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アフィリエイト

いらっしゃ~い