応援しています!

  • TVアニメ『ゆるゆり』
    TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
  • 白衣性恋愛症候群RE:Therapy
    工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』

Twitter

  • Twitter
フォト

利用サービス

Flickr Goodreads Last.fm Twitter YouTube
無料ブログはココログ

« 百合語り #7: 『ゆるゆり♪♪』 第1話 「帰って来た主人公」 | トップページ | 百合語り #8: 『ゆるゆり♪♪』 第2話 「ゆるゆりなる日々なるなり」 »

2012-07-16

ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー覚え書き

 ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーは大まかにいうと二種類あって、一つは31世紀の別の未来世界のマーベル・ユニバースにおけるヒーローチームで、もう一つは現行マーベル・ユニバースの現代において結成された宇宙を護るヒーローチーム。

 今回映画化が発表されたガーディアンズは後者の方で、発表されたコンセプトアートにはドラックス・ザ・デストロイヤー、グルート、スターロード、ロケット・ラクーン、ガモラ(左から順に)が登場している。日本語訳もされた『インフィニティ・ガントレット』に出ていたドラックス・ザ・デストロイヤーとマヴカプ最新作にプレイキャラとして登場したロケット・ラクーン以外は日本だとあまり知名度がないかもしれない。コンセプトアートに登場してないメンバーにはアダム・ウォーロック、フィラヴェル(キャプテン・マーベルの娘)、バグ、ムーンドラゴン(フィラヴェルの恋人であり、ドラックス・ザ・デストロイヤーの娘)などがいる。

 コミックスではチームリーダーであるスターロードがサノスとの戦いで戦死し事実上解散状態。ただリランチイベント「マーベル・ナウ!」のコンセプトイラストにロケット・ラクーンが登場しており、ガーディアンズ関係で何かしら本が出る可能性はある。

 

« 百合語り #7: 『ゆるゆり♪♪』 第1話 「帰って来た主人公」 | トップページ | 百合語り #8: 『ゆるゆり♪♪』 第2話 「ゆるゆりなる日々なるなり」 »

アメコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー覚え書き:

« 百合語り #7: 『ゆるゆり♪♪』 第1話 「帰って来た主人公」 | トップページ | 百合語り #8: 『ゆるゆり♪♪』 第2話 「ゆるゆりなる日々なるなり」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アフィリエイト

いらっしゃ~い