応援しています!

  • TVアニメ『ゆるゆり』
    TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
  • 白衣性恋愛症候群RE:Therapy
    工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』

Twitter

  • Twitter
フォト

利用サービス

Flickr Goodreads Last.fm Twitter YouTube
無料ブログはココログ

« アメコミ語り #13: アメコミへの道 「接近遭遇・海外編」 | トップページ | 百合語り #38(アメコミ語り #15): 「好き」という免罪符、「愛」という名の赦免状 »

2012-09-16

アメコミ語り #14: アメコミへの道 「接近遭遇・ComiXlogy編」

 アメコミのデジタル配信の最大手ComiXlogyはDCコミックスやマーベル・コミックスの新刊を本国での紙媒体での発売日と同日に日本でも購入できるという優れもの。

 しかもこちらで述べたようにDCコミックスは90年代後半の日本のアメコミブームからファンになって原書に興味を持ち評判が良いので手を出そう思っても様々な理由から乗り遅れて手が出せなかったあのタイトルが完全配信されているという夢の国状態。

 マーベル・コミックスはバックイシューはそれ程でも無いけれど、Marvel.comのアカウントとComiXlogyのアカウントを紐づけることにより紙媒体の新刊($3.99のもの)についているコードを使って無料でデジタルコピーをゲットできてしまうという特典付。

 さらにComiXlogyのアカウントを作ることにより、一度ComiXlogyで買ったコミックスはパソコン、iOSアプリ、Androidアプリ問わずどのディバイスを使っても読める(ディバイス毎にDLする必要はあるが)。iOSアプリの場合、iTunes Storeアカウントと紐づけられるので、そちらの方で決済の設定をしておけば再度設定する必要も無い手間いらず。

 まさに、「日本よ、これが電子書籍だ!」といってもいいくらい素晴らしいものなのでみんな使うと良いよ。

 ちなみに現状だと$.99=85円、$1.99=170円、$2.99=250円、$3.99=350円という価格設定。

« アメコミ語り #13: アメコミへの道 「接近遭遇・海外編」 | トップページ | 百合語り #38(アメコミ語り #15): 「好き」という免罪符、「愛」という名の赦免状 »

アメコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメコミ語り #14: アメコミへの道 「接近遭遇・ComiXlogy編」:

« アメコミ語り #13: アメコミへの道 「接近遭遇・海外編」 | トップページ | 百合語り #38(アメコミ語り #15): 「好き」という免罪符、「愛」という名の赦免状 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アフィリエイト

いらっしゃ~い