応援しています!

  • TVアニメ『ゆるゆり』
    TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
  • 白衣性恋愛症候群RE:Therapy
    工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』

Twitter

  • Twitter
フォト

利用サービス

Flickr Goodreads Last.fm Twitter YouTube
無料ブログはココログ

« アメコミ語り #5: ガイマン賞設立について思うこと | トップページ | アメコミ語り その7: 俺とお前とスコット・サマーズ »

2012-09-11

アメコミ語り #6: 小プロに望む翻訳作品について本気出して考えてみた Vol.2

 特に何かあるわけではないけどだらりと希望、というか欲望を。

●宇宙少女ジータ 

 本当の意味での子供向けアメコミ、というものを出しても良いんじゃないだろうか。突如現れた触手に攫われたガリ勉タイプ眼鏡少年の幼馴染みを助けに宇宙へ飛び出す勝ち気でやんちゃなボーイッシュ少女、というわけで内容的にも絵柄的にも日本で受けそうなこのZita the Spacegirl辺りからどうか。丁度続編のLegends of Zita the Spacegirlも発売されたばかりだし。

●オズ・シリーズ

 アメコミ超大手マーベル・コミックスから発売されているオズ・シリーズのコミカライズも子供向けアメコミという点では適当かもしれない。スコッティ・ヤングの絵がオズの世界にぴったりとはまっていて、正直アメコミ抜きでも日本に紹介されて欲しいくらい。現在「オズの魔法使い」「オズの虹の国」「オズのオズマ姫」「オズと不思議な地下の国」まで単行本化されていて「オズへつづく道」が連載中ということで息の長い翻訳シリーズというのも良いんじゃないですか。

●電撃アメコミ通信 Vol.2

 いや、突っ込みはちょっと待って欲しい。何も本気でこれを出せと言ってるわけではなく、翻訳本中心(およびファンの勝手連的情報発信ブログ)ではどうしても伝えられないアメコミの「今」、本国の雰囲気、取りこぼされがちなアメコミの基礎知識などアメコミ情報を定期的に発信する場が欲しい、というくらいの意味。紙媒体である必要も無く、CBRNewsaramaみたいなサイトの日本版でも良い(私がアメコミから離れている間に一時期日本でもそれらしきサイトはできていたみたいだけど今はその残骸しか残っていないっぽい)。とりあえず小プロには自社の翻訳本が発売される日にコミックナタリーに取り上げられてもらうくらいの所から始めて欲しい。BDブログのアメコミ版みたいなブログを始めるのでも良いけど。

« アメコミ語り #5: ガイマン賞設立について思うこと | トップページ | アメコミ語り その7: 俺とお前とスコット・サマーズ »

アメコミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« アメコミ語り #5: ガイマン賞設立について思うこと | トップページ | アメコミ語り その7: 俺とお前とスコット・サマーズ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アフィリエイト

いらっしゃ~い