応援しています!

  • TVアニメ『ゆるゆり』
    TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
  • 白衣性恋愛症候群RE:Therapy
    工画堂スタジオ『白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)』

Twitter

  • Twitter
フォト

利用サービス

Flickr Goodreads Last.fm Twitter YouTube
無料ブログはココログ

« アメコミ語り #30: Amazing Spider-Man誌、衝撃の最終章「DYING WISH」 | トップページ | アメコミ語り #31: モバゲー『Marvel: War of Heroes』新レイドイベント「X-MEN」序盤の感触 »

2012-12-28

なんとなく選んでみたアルバム10選

 長らく廃盤状態で中古価格が異様に上がっていたモナコのセカンドアルバムMonacoがiTunes Storeで丸々配信されてることに気付いてDLして聴いてみたらこれがほんと良いアルバムだったので、勢い余ってお気に入りのアルバムを10枚ほど紹介してみる。

1. Monaco/Monaco

 ニュー・オーダーのベースだったピーター・フックのバンド、モナコが2000年に発表したセカンドアルバム。当時新宿のマルイシティの地下にあったヴァージンメガストアの試聴機で聴いて1曲目のI've Got A Feelingに打ちのめされてからずっと探していたけど、あまり流通しなかったせいかAmazonで1万円近い値段が付けられていたことも。最近になってようやくiTunes Storeに入って1500円で買えるようになった一枚。iTunes Store万歳!

 実際にアルバムを通して聴いてみると、I've Got A Feeling以外にもバンドサウンドで奏でられるポップな曲たちが詰め込まれた一枚で、実に良かった。特に3曲目Kashmereのサビからギターソロ→ベースソロ→ギターソロと続く間奏部分が本当に素晴らしい。

2. ReadySexGo/Marvelous 3

 ブッチ・ウォーカー率いるアトランタ出身のスリーピースバンド、マーベラス3が2000年に発表したサード・アルバム。今は亡き渋谷のHMVでセカンド・アルバムHey! Albumを聴いてから気になっていたバンドでこのアルバムも発売されてすぐ買った覚えがある。

 全編荒々しさの残る力強いロックサウンドの中で中盤にRadio Tokyo、終盤にCigarette Lighter Love Song(モット・ザ・フープルの「すべての若き野郎ども」からの改変引用有り)というエモーショナルな曲を配置している構成が好き。

3. The Pulsars/The Pulsars

 シカゴで音楽プロデューサーとして活動するデヴィッド・トランフィオが兄弟と組んだバンド、パルサーズが1997年に発表したデビューフルアルバム。今も健在な渋谷のタワーレコードの視聴機で出会った一枚。

 アナログなデジタル音というかレトロフューチャーチックな電子音に彩られた柔らかい感じのロックサウンドが非常に耳に心地よい。

4. Flowers In The Dirt/Paul McCartney

 説明不要なポール・マッカートニーが1989年に発表した8枚目のソロアルバム。初めて好きになった洋楽アーティストのポールの作品の中で一番好きなアルバム。この頃のポールは何度目かの全盛期と言えるような状態でPress to Play(1986年)やOff the Ground(1993年)もかなり好き。

 このアルバムはエルヴィス・コステロとの共作がクローズアップされがちだけど、むしろその他の曲がとても良くて、このアルバムに伴うツアーのライブアルバムTripping the Live Fantasticで非常に格好良く演奏されていた。このアルバムの最後にある(CDでは違うが)Motor of Loveはポールのバラードの中で一番好きかもしれない。

5. A Momentary Lapse Of Reason/Pink Floyd

 こちらも説明不要のプログレバンド、ピンク・フロイドが1987年に発表した13枚目のスタジオアルバム。邦題『鬱』。ピンク・フロイドで初めて聴いたアルバムが多分これじゃないかな。

 初めて聴いた時ロジャー・ウォーターズの脱退なんてことは知らなかったけど、『鬱』という名前に相応しい重苦しい雰囲気に大変満足してたような覚えがある。ロジャー在籍時代のアルバムをいくつか聴いたいまでもやはり重苦しさ(それでいて曲自体はコンパクトで聴きやすい)が大好きだ。

6. Bat Out Of Hell II: Back Into Hell/Meat Loaf

 大ヒットアルバムBat Out of Hell(1977年)と同じくジム・スタインマンとタッグを組んでミートローフが送り出した1993年のアルバム。

 ミートローフの歌も、ジム・スタインマンの作る曲の展開も、オケの音も、コーラスも何もかもが笑えるくらい過剰で素晴らしい。ちなみにこのアルバムを聴く切っ掛けとなったシングル曲Rock and Roll Dreams Come ThroughのPVも監督がマイケル・ベイで若き日のアンジェリーナ・ジョリーも出演している火花飛び散る過剰なものだった。

7. 青空百景/ムーンライダーズ

 日本のロックバンド、ムーンライダーズが1982年に発表した6枚目のアルバム。

 とにかく最後に配置された何か見えない抑圧が支配する「物は壊れる、人は死ぬ 三つ数えて、眼をつぶれ」から終わりの寂寥感と開放感に溢れる「くれない埠頭」への流れが卑怯なくらい素晴らしくてこれだけでこのアルバムの価値がある。

8. Into The Great Wide Open/Tom Petty and the Heartbreakers

 アメリカのロックバンド、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズが1991年に発表した8枚目のアルバム。

 ファンの人にはプロデューサーのジェフ・リンの色が強く出すぎていて不評らしいが、私の中のアメリカのイメージである乾いた感じが良く出ていて私は好きだ。ジャケットイラストの影響もあるが特に冬の乾いた感じが良く出ていると思う。

9. American Garage/Pat Metheny Group

 アメリカのジャズ・フュージョン・バンド、パット・メセニー・グループが1980年に発表したセカンドアルバム。

 こちらも私の中のアメリカのイメージである乾いた感じが良く出ている。これもジャケットの影響が強いかもしれないが春先から初夏にかけての晴れた日の乾いた感じが出ていると思う。一曲目の(Cross the) Heartlandのイントロを聴くといつも頭に浮ぶのは青空。

10. Paris, Texas/Ry Cooder

 ライ・クーダーによる1984年のヴィム・ヴェンダース監督映画『パリ、テキサス』のサウンドトラック。

 言うまでも無く灼熱の太陽が照りつける荒野のような乾きが感じられて好きな一枚。ちなみに映画はまだ見ていない。

« アメコミ語り #30: Amazing Spider-Man誌、衝撃の最終章「DYING WISH」 | トップページ | アメコミ語り #31: モバゲー『Marvel: War of Heroes』新レイドイベント「X-MEN」序盤の感触 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく選んでみたアルバム10選:

« アメコミ語り #30: Amazing Spider-Man誌、衝撃の最終章「DYING WISH」 | トップページ | アメコミ語り #31: モバゲー『Marvel: War of Heroes』新レイドイベント「X-MEN」序盤の感触 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

アフィリエイト

いらっしゃ~い